笑楽校について

明治36年開校
あしがくぼ笑楽校とは?

“人が集う学びの場” を継承していくこと

明治36年(1903年)に山あいの小さな学校(芦ヶ久保小学校)として開校し、平成20年(2008年)の閉校まで、たくさんの卒業生と共に過ごしました。子供から大人まで、笑って楽しい木造校舎「あしがくぼ笑楽校」として、あらたに再スタートいたしました。

人と人との関わりが “年輪” のように蓄積される場所

「あしがくぼ笑楽校」は、埼玉秩父郡横瀬町の芦ヶ久保(あしがくぼ)地区にある、木造2階建て校舎と体育館、そしてコンクリート校舎(3階建て)からなる施設です。閉校当時の掲示物や備品や子どもたちの思い出の記録がそのまま残し、どこか懐かしく楽しい雰囲気が伝わってきます。

122
buttom_img01
IMG_4441
DSC_0210


x
あしがくぼ笑楽校

現代のワークスタイルを重ね合わせた多目的施設へ

現在登録利用者数3500名を超えるコワーキングスペース「Connecting The Dots」と「あしがくぼ笑楽校」がコラボレーション。

現代のワークスタイルには欠かせない「コミュニケーション」「協業」をテーマに、コワーキングスペースでの様々な運用ノウハウを活かし、新しい多目的施設として生まれ変わらせます。

DSC_66

コワーキング

DSC_0212

オフサイトミーティング

DSC_222

交流イベント

創作活動